「看護の日・看護週間」事業

「看護の日・看護週間」

5月12日は「看護の日」「国際看護師の日」です。

 1990年(平成2年)旧厚生省は近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲール誕生の5月12日を「看護の日」と制定し、この日を含む1週間(日~土曜日)を「看護週間」としました。

看護の日を中心として各支部では、健康相談、看護体験などをとおして看護の心普及活動を行っています。また、診療所・病院・老人保健施設・訪問看護ステーションなどにおいて「ふれあい看護体験」が実施されています。

 ・2022(令和4)年度の「ふれあい看護体験」の実施予定施設はこちら

2022(令和4)年度「ふれあい看護体験」実施を検討している施設 様

「ふれあい看護体験」は、一般の方に看護の仕事を体験いただく機会提供の場です。
看護職を志望されている方にとっては貴重な体験の場となりますので、ぜひご協力、ご活用いただけますようお願いします。

体験を実施される施設様は下記フォームよりご連絡いただくことで、当HP上で「ふれあい看護体験実施施設」として掲載いたします。なお、お手数ですが、実施後は報告フォームより実施報告ご入力にご協力いただけますようお願いします。

「ふれあい看護体験」実施施設情報登録

入力期限:4/26(火)※期日を過ぎても入力可能

 

「ふれあい看護体験」実施報告

入力期限:8/29(月)※8月以後実施の施設は終了後に入力

 

*入力後の変更は担当にお知らせください。
電話 048-620-7337 「ふれあい看護体験」担当

 

会員数

  • 会員数

    2022年8月31日現在の会員数
    24,989人

    保健師
    397人
    助産師
    936人
    看護師
    23,106人
    准看護師
    550人
    • 入会・継続のご案内はこちら
    • 情報公開
    • 埼玉県看護協会看護管理者メーリングリスト登録受付中
    • 研修申込み マナブル
    • キャリナース
    • インターネット配信研修[オンデマンド]
    • 災害看護
    • 職員募集のお知らせ
    • 協会立訪問看護ステーション
    • eナースセンター
    • とどけるん
    • 看護補助者の確保・定着に向けて
    • 看護職のための心の保健室「あじさいルーム」
    • 会報 さいたま
    • 関連団体へのリンク

    ページトップへ