会長挨拶

埼玉県看護協会会長 松田久美子

埼玉県看護協会会長 松田久美子

 皆さまには日頃より当協会の運営にご支援・ご協力を賜り、心から感謝申し上げます。
通常総会ならびに理事会を経て会長に就任しました松田でございます。皆さまにはこれまでと変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 さて、埼玉県は全国一早いスピードで超高齢社会を迎え、県地域医療構想では2025年までに入院医療の需要は約1.3倍、在宅医療などの需要は約1.8倍に増加すると推計されています。県内の就業看護師は約6万5千人に増えましたが、今後、看護職への期待は益々大きく、多様な場で活躍することが求められております。さらに就業者数を増やすとともに、多職種と連携しながら自立して看護を提供できる人材の育成が急務となっております。

 令和元年度の事業は定款に示した10項目の事業に沿い、3項目の重点事業と2項目の継続事業を理事会承認のもと、活動を開始しております。これまで強化してきた、保健師・助産師・看護師の合同職能委員会活動や病院・在宅の領域を超えたネットワークをさらに推進し、県内の看護職の皆さまと顔の見える関係作りを継続していく所存です。

 「埼玉で働いて良かった」と感じ、自信と誇りを持って長寿社会に貢献できる看護職を支える協会活動を展開してまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

会員数

  • 会員数

    2019年8月31日現在の会員数
    25,234人

    保健師
    471人
    助産師
    929人
    看護師
    23,125人
    准看護師
    709人
    • 入会案内はこちら
    • 研修案内はこちら
    • インターネット配信研修[オンデマンド]
    • 協会立訪問看護ステーション
    • ワークライフバランス(WLB)
    • eナースセンター
    • とどけるん
    • 心の健康づくり支援事業
    • 会報 さいたま
    • 新研修センター建設 進捗状況
    • 関連団体へのリンク

    ページトップへ