埼玉県小児救急電話相談

  子どもの急な病気やけがの際に、家庭での対処方法や医療機関への受診の必要性について、看護師が電話で相談に
 応じます。
  平成29年10月1日(日曜日)から、埼玉県救急電話相談の相談時間が24時間化するとともに、国が普及を進める
 共通ダイヤル#7119を導入しました。

  また、救急電話相談に加え、いつでも気軽に相談できるチャット形式の埼玉県AI救急相談もあります。詳細な情報
 につきましては、以下のリンク先で御確認ください。 →埼玉県AI救急相談

電話番号

 #7119

 

 (ダイヤル回線・IP電話・PHS・都県境の地域でご利用の場合)

 048-824-4199

 ※これまでどおり、#8000又は048-833-7911(子どもの相談)からも電話をかけられます。

   音声ガイダンスに応じて、相談したい窓口を選択してください。
   子どもの相談 (小児救急電話相談)はガイダンスの 1番です。 ※対象:中学生まで

   ※相談のポイント どなたが、いつから、どんな状況か、お聞きします。

   ※以下の相談はお受けできません

    × 医薬品の使用方法などの相談 × 病気の治療方針の相談
    × 健康相談  × 介護相談  × 育児相談  × 身の上相談

 

相談時間

 24時間365日

 

  ご利用上の注意

 この電話相談は、あくまで子どもの急な病気やケガについて相談に応じるものです。育児相談などには応じかねます。
 また、この相談は助言を行うものであり、診断や治療を行うものではありませんので、あらかじめ御了承ください。

    » 埼玉県ホームページ – 埼玉県小児救急電話相談ページはこちら

 

 新型コロナウイルスに関する相談窓口はこちらをご覧ください。

子供の病気とその対策

発熱と嘔吐」の対応について

熱性けいれん下痢」の対応について

咳の時の対応」について

会員数

  • 会員数

    2020年8月31日現在の会員数
    25,299人

    保健師
    440人
    助産師
    940人
    看護師
    23,283人
    准看護師
    636人
    • 入会案内はこちら
    • 研修案内はこちら
    • インターネット配信研修[オンデマンド]
    • 職員募集のお知らせ
    • 協会立訪問看護ステーション
    • eナースセンター
    • とどけるん
    • 心の健康づくり支援事業
    • 会報 さいたま
    • 新研修センター建設 進捗状況
    • 関連団体へのリンク

    ページトップへ