災害支援ナースとして登録を希望する方へ

「災害支援ナース」※1)として登録を希望する方へ

災害支援ナースとして登録を希望する場合は、下記の手順で手続きをしてください。

 

新規登録

1)「災害支援ナース」として登録するためには災害医療と看護:基礎編2日間(インターネット)

  と「災害支援ナース実務編」1日の研修受講の他、地域防災訓練の参加0.5日とレポートの提出

  が必要です。

2) 地域防災訓練で学んだことを800字程度のレポートを作成し、埼玉県看護協会災害看護

  担当者宛に送付する。(平成27年11月30日まで)

3) 研修終了後、当協会から修了証明書と登録用紙を本人に送付する。

4) 登録希望者は登録用紙に記入する。所属施設の看護管理者(看護部長等)の承認が必要なた

  め、録用紙には必ず看護管理者の署名捺印の上、当協会に返送する。

 (平成27年12月末日まで 送付先:埼玉県看護協会災害看護担当者宛)

5) 当協会は災害支援ナースとして登録し、登録者名を所属施設の看護管理者に通知する。

     同時に登録者に災害支援ナース登録証(名刺サイズ)を作成し、所属施設に送付する。

  (平成28年1~2月頃)

6)「災害支援ナース」としての登録有効期間は登録証で確認する。

 

★ 他県看護協会で災害看護研修修了者は、新たに研修を受講することなく、災害支援ナースとして

 登録できます。新規登録4)以降の流れとなります。登録用紙については当協会まで請求してくだ

 さい。登録用紙をお送りいたします。

 

更新※2)及び再登録※3)

1) 更新及び再登録を希望する場合は、10月10日(土)、10月27日(火)、11月28日(土)

  いずれか開催の災害支援ナースフォローアップ研修を受講する。登録用紙は研修日に配布する。

2)  登録希望者は登録用紙に記入する。所属施設の看護管理者(看護部長等)の承認が必要なた

  め、登録用紙には必ず看護管理者の署名捺印の上、当協会に返送する。

  (平成27年12月末日まで)

3) この後は、新規登録5)、6)と同じ流れとなる。

 

用語の説明

※1)「災害支援ナース」とは 

 災害支援ナースとは、看護職能団体の一員として、被災した看護職の心身の負担を軽減し支えるよ

 う努めるとともに、被災者が健康レベルを維持できるように、被災地で適切な医療・看護を提供す

 る役割を担う看護職であり、都道府県看護協会に登録されている。

 災害支援ナースによる災害時の看護支援活動は、自己完結型を基本とする。

           (公益社団法人 日本看護協会 「災害支援ナース派遣要領」より抜粋)

※2)「更新」とは 災害支援ナースとしての登録を継続すること

※3)「再登録」とは 災害支援ナースとしての登録を中断していたが、再び登録を希望すること

 

レポートの作成について

  地域防災訓練で学んだことについて、開催場所、日時、参加した訓練、感想・考察等を800字

 程度の文章に作成してください。また、提出されたレポートは返却しません。

 (防災訓練の資料は不要。)

会員数

  • 会員数

    2022年5月31日現在の会員数
    23,919人

    保健師
    374人
    助産師
    907人
    看護師
    22,102人
    准看護師
    536人
    • 入会・継続のご案内はこちら
    • 情報公開
    • 埼玉県看護協会看護管理者メーリングリスト登録受付中
    • 研修申込み マナブル
    • キャリナース
    • インターネット配信研修[オンデマンド]
    • 災害看護
    • 職員募集のお知らせ
    • 協会立訪問看護ステーション
    • eナースセンター
    • とどけるん
    • 看護職のための心の保健室「あじさいルーム」
    • 会報 さいたま
    • 関連団体へのリンク

    ページトップへ