051:「地域で生きる」を支える看護連携 new

前のページに戻る

研修区分 看護実践<共通>
定員 200人
開催日 18/10/23(火)
開催時間

10:00ー16:00

会場 研修センター(西大宮)
研修のねらい

地域で生活する人々の”生きる”を支えるための病院と地域・在宅との看護連携のありようと実際を学ぶ

研修内容及び講師

・地域包括ケアシステムとは

・医療と介護の連携

・地域包括ケアシステム構築に向けた市町村の取組

・患者・家族を支える看護の実際

        群馬医療福祉大学 看護学部

                 副学部長 樋口 キエ子

        さいたま市包括・在支総合支援センター

                       中島 里奈

        さいたま赤十字病院

                                小野島 圭子

        訪問看護ステーションみやび

                       高野 雅子

受講要件[段階]

会員

非会員


[ IIIーV ]

受講費用

会員

2,000円

非会員

6,000円


振込期限日 2018/10/15

この研修会は終了しました。

前のページに戻る

  • 新研修センター建設 進捗状況

会員数

  • 会員数

    2018年11月30日現在の会員数
    24,612人

    保健師
    465人
    助産師
    900人
    看護師
    22,487人
    准看護師
    760人
    • 入会案内はこちら
    • 研修案内はこちら
    • インターネット配信研修[オンデマンド]
    • 協会立訪問看護ステーション
    • ワークライフバランス(WLB)
    • eナースセンター
    • とどけるん
    • 心の健康づくり支援事業
    • 関連団体へのリンク

    ページトップへ