134:糖尿病患者のフットケア研修(3日間)(2)
※同一内容の研修2回 

前のページに戻る

研修区分 看護実践<専門能力(スキルアップ)>
定員

30人

(各回1施設1名まで)

開催日 18/12/11(火)
18/12/12(水)
18/12/13(木)
開催時間

10:00ー16:30

 

会場 研修センター(西大宮)
研修のねらい

1.糖尿病足病変がもたらす対象への影響を理解できる

2.糖尿病足病変を持つ対象の理解を深めることができる

3.糖尿病足病変を持った対象に応じたフットケア技術を身につけることができる

 

研修内容及び講師

1)糖尿病足病変の基礎知識

 ・糖尿病足病変の病態生理・治療

 ・糖尿病の合併症

 ・足病変の原因・発生要因

 ・足病変の予後・下肢切断率

2)糖尿病患者のフットケアのためのアセスメント

 ・ハイリスク患者の抽出のポイント

 ・神経障害の簡易検査

 ・医療チーム連携

3)フットケアの実際

 ・入院・外来で行うべきフットケアの実際

 ・器具の選択、使用方法

 ・事例から学ぶケアの実際         

4)足病変予防のためのセルフケア支援

 ・足の観察、靴の選択方法

 ・家庭で行うフットケア

 ・高齢者のためのフットケア

 ・家族支援

 ・在宅でのフットケア

 ・ケア計画・立案・評価          

5)足病変患者の心理的援助

 ・心理状態の把握

 ・患者対応のポイント

6)フットケア外来

 ・現状

 ・外来立ち上げ時の注意

           獨協医科大学埼玉医療センター

                   准教授 竹林 晃三

           小川赤十字病院

            糖尿病看護認定看護師 金子 貴美江

           東松山市立市民病院

             糖尿病看護認定看護師 糸部 文子

           東埼玉総合病院

             糖尿病看護認定看護師 間中 昌利

           防衛医科大学校病院

             糖尿病看護認定看護師 中安 文恵

           新座志木中央総合病院

             糖尿病看護認定看護師 工藤 百佳

                       

受講要件[段階]

1)全日程(3日間)受講できる者

2)糖尿病に由来する足病変に対する看護(フットケア)に5年以上従事しており看護師の資格を有する者


[IIIーV]
受講費用

会員

15,000円

非会員

45,000円

当日払いはできません

 

振込期限日 2018/12/3

本研修は診療報酬上の「糖尿病合併症管理料」に係る適切なフットケア支援研修に相当します(看護師の資格を有する者)

持参物品:打腱器、音叉、爪きりニッパー、ヤスリ、(モノフィラメント)、はさみ(2日目)

全日程修了者には修了証を発行します。(遅刻、早退した方には発行できません)

※演習を行うので、裸足になれるようにストッキングは着用せず、足の爪は切らずに紐靴で参加して下さい


 

この研修会は終了しました。

前のページに戻る

  • 新研修センター建設 進捗状況

会員数

  • 会員数

    2018年11月30日現在の会員数
    24,612人

    保健師
    465人
    助産師
    900人
    看護師
    22,487人
    准看護師
    760人
    • 入会案内はこちら
    • 研修案内はこちら
    • インターネット配信研修[オンデマンド]
    • 協会立訪問看護ステーション
    • ワークライフバランス(WLB)
    • eナースセンター
    • とどけるん
    • 心の健康づくり支援事業
    • 関連団体へのリンク

    ページトップへ