166:看護学生実習指導者講習会(40日間)
※申込期間4月10日から4月21日 

前のページに戻る

研修区分 教育
定員 140人
開催日 18/05/17(木)~18/08/08(水)
開催時間

9:30ー16:30

会場 第2
鴻巣市
研修のねらい

看護師等養成所の実習施設で実習指導者の任にある者、または将来これらの施設で実習指導者となる予定の者、もしくは上記養成所において実習指導の任にある者に対して、看護教育における実習の意義及び実習指導者としての役割を理解し、効果的な実習指導ができるよう、必要な知識・技術を習得させることを目的とする。

1)自己の看護に対する認識を深める。

2)看護教育における、望ましい臨地実習指導のあり方を理解する。

3)社会の変化に伴う看護の動向を理解し、看護の役割を認識する。

研修内容及び講師

         

受講要件[段階]

1)看護師免許を持っている者

2)看護師等養成所の実習施設で実習指導の任にある者。又は、将来実習指導者となる予定の者。

3)看護師等の養成所で実習指導の任にある者

4)保健師、助産師又は看護師として通算3年以上の実務経験がある者




受講費用

1)受講料は主催者の負担とする。但し、資料代として別に、4万円徴収します。

 ※振込方法は受講決定で通知します。

2)その他(交通費、弁当費等)は受講者の負担となります。


受講決定通知到着後お振込みください

振込期限日 2018/5/3

1)申込方法:埼玉県医人材備課から4月上旬に送付される、平成30年度 埼玉県看護職員研修計画(通知)に同封されている【看護学生実習指導者講習会受講者募集案内】を確認の上、受講申込書様式3を、下記へ郵送して下さい。


  申込先・問い合わせ

   〒369-0113 埼玉県鴻巣市下忍4450番地

    公益社団法人 埼玉県看護協会

    埼玉高齢者介護研修センター(第2研修センター)

    TEL:048-548-8333


2)申込期間

 平成30年4月10日(火)― 4月21日(土)【必着】

 

 ※上記以外の期間に申し込みされた場合、申込書に記載漏れがある場合は無効となりますのでご注意ください。


こちらの研修はすでに申し込みを終了しています

 

3)推薦者の優先順位の記載について

 同一施設で推薦者が複数の場合は、申込書に優先順位を記載してください。定員を超えた場合は、受講者の調整を行い、お断りさせていただく場合がありますのでご了承ください。


4)受講決定:申し込み締め切り後、4月27日頃までに施設長宛に通知いたします。


受講決定通知が届いた方のみ、下記「この研修のお申込みはこちら」から、申込フォームを使用し、コンビニ振込のための手続きをしてください。

受講決定通知が届いた方以外の入金があった場合、受講費用の返金はいたしませんのでご注意ください。


5)感染症対策及び感染症情報報告書の提出について

 ・受講が決定した方は、臨地実習に備えて、感染症対策と感染症情報報告書の提出をお願いします。

  麻疹・風疹・流行性耳下腺炎・水痘・B型肝炎・C型肝炎・結核に関する抗体価を調べ、抗体の有無、ワクチンの

  接種状況を感染症情報報告書に記載し、必ず研修初日に提出して下さい。

  罹患の有無に関わらず、抗体価は必ず確認してください。

 ・抗体価が(―)または(±)の方は、実習日(7月12日・13日)の1か月以上前(最終期限:6月11日)にワクチン接種を済ませてください。

  抗体が不十分の場合は、実習が不可となる実習施設があります。また、実習施設によっては、上記以外に胸部所見等

  の検査結果の提出を求められる場合があります。



☆第2研修センター 送迎バス有

※全日程修了者には、修了証書を発行いたします。

プログラムの詳細につきましては、こちらを参照してください


お申し込み書ダウンロード[PDF]

この研修会は終了しました。

前のページに戻る

  • 新研修センター建設 進捗状況

会員数

  • 会員数

    2018年11月30日現在の会員数
    24,612人

    保健師
    465人
    助産師
    900人
    看護師
    22,487人
    准看護師
    760人
    • 入会案内はこちら
    • 研修案内はこちら
    • インターネット配信研修[オンデマンド]
    • 協会立訪問看護ステーション
    • ワークライフバランス(WLB)
    • eナースセンター
    • とどけるん
    • 心の健康づくり支援事業
    • 関連団体へのリンク

    ページトップへ