147:自施設における平時と発災時の看護職の役割 new

前のページに戻る

研修区分 看護実践<災害看護>
定員 70人
開催日 18/10/12(金)
開催時間

10:00ー16:00

 


 

会場 研修センター(西大宮)
研修のねらい

被災地域内の入院患者(入所者)の健康被害を学び、看護職の役割を理解する

研修内容及び講師

・震災により入院患者(入所者)への影響

・震災直後から災害急性期における看護職の役割(机上シミュレーション)

・地域連携

            日本赤十字看護大学

             教授 小原 真理子 他

            埼玉県看護協会 災害看護対策委員

受講要件[段階]

会員

非会員

※災害支援ナース更新対象研修


受講費用

会員

3,000円

非会員

9,000円

振込期限日 2018/10/4

災害支援ナースとして登録・更新・再登録を希望する方に関しましての詳細は、こちらを参照してください。


この研修会は終了しました。

前のページに戻る

  • 新研修センター建設 進捗状況

会員数

  • 会員数

    2018年11月30日現在の会員数
    24,612人

    保健師
    465人
    助産師
    900人
    看護師
    22,487人
    准看護師
    760人
    • 入会案内はこちら
    • 研修案内はこちら
    • インターネット配信研修[オンデマンド]
    • 協会立訪問看護ステーション
    • ワークライフバランス(WLB)
    • eナースセンター
    • とどけるん
    • 心の健康づくり支援事業
    • 関連団体へのリンク

    ページトップへ