看護の日(2017.8.30 更新)

「看護の日」のイベント

5月12日は「看護の日」です。この日を中心にして、本部および支部で「各種イベント」を企画・実施しています。

少子高齢化社会を支えていくには、子供からお年寄りまですべての人々が看護の心・助け合いの心を理解し、行動することが必要です。 1990年(平成2年)旧厚生省は近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲール誕生の5月12日を「看護の日」と制定し、この日を含む1週間(日~土曜日)を「看護週間」としました。

看護の日を中心として各支部では、健康相談、AED体験など「看護まつり」や、そのほか、病院、診療所、老人保健施設、訪問看護ステーション等の県内施設では「ふれあい看護体験」など行っています。

・平成29年度(2017)ふれあい看護体験 実施施設一覧はこちら *日にち時間等、必ず事前に施設へお問い合わせください。

 

  • 新研修センター建設 進捗状況

会員数

  • 会員数

    2017年8月5日現在の会員数
    24,276人

    保健師
    538人
    助産師
    866人
    看護師
    22,035人
    准看護師
    837人
    • 入会案内はこちら
    • 研修案内はこちら
    • インターネット配信研修[オンデマンド]
    • 協会立訪問看護ステーション
    • ワークライフバランス(WLB)
    • eナースセンター
    • とどけるん
    • 心の健康づくり支援事業
    • 関連団体へのリンク

    ページトップへ