事業

公益社団法人 埼玉県看護協会の主な事業

埼玉県看護協会は「公益社団法人日本看護協会と連携して、保健師、助産師、看護師及び准看護師(以下「看護職」という)が、看護に関する専門教育と研鑽により看護の質の向上を図ることを支援するとともに、看護職が安心して働き続けられる環境づくりを推進し、併せて地域のニーズに応える看護職による訪問看護等の地域医療の推進を図り、もって県民の健康な生活の実現に寄与する」ことを目的として、以下の事業を行っています。

  1. 継続教育等看護の質の向上に関する事業
  2. 看護職の確保・定着に関する事業
  3. 看護業務の改善に関する事業
  4. 医療安全対策に関する事業
  5. 災害被災者の支援に関する事業
  6. 看護の普及啓発に関する事業
  7. 地域看護活動に関する事業
  8. 在宅療養支援に関する事業
  9. 自治体事業に関する委託事業
  10. 前各号に掲げるもののほか、この法人の目的を達成するために必要な事業

平成26年度 埼玉県看護協会は、以下6つの事業に重点的に取り組みます。

1 長期療養の生活者を支える訪問看護等の機能強化
 ・介護・福祉関係施設や在宅療養等で働く看護職に対する研修等を増加し看護の機能強化を図ります。
 ・一般社団法人 埼玉県訪問看護ステーション協会との連携を強化し、在宅看護の充実に取り組みます。

2 働き続けられる労働環境改善の推進
 ・行政や他団体と連携して看護職が安心して働き続けられる労働環境改善に継続して取り組みます。
 
 ・日本看護協会と連携してナースセンターの相談機能の強化を図り、ナースセンターを看護職確保
  定着の総合拠点なる取り組み継続して行います。

3 社会のニーズに対応できる看護職の育成・支援
 ・新人看護研修については、保健師・助産師・看護師とすべての看護職対象に実施します。
 ・今後重要とされる介護・福祉施設、在宅療養等の看護の機能強化のために、研修内容の充実を図ります。
 ・認定看護管理者研修においては、その内容とも関連性を持たせながらキャリアアップできるような体制
  整備に取り組みます。
 ・災害発生時の派遣要請に即応できる災害支援ナースの育成・登録・派遣のシステム整備を継続して行います。

4 職能委員会の機能強化
 ・日本看護協会と連携を図りながら、各職能委員会とも役割強化・拡大に向けた活動に取り組みます。

5 県民への健康づくり支援
 ・看護の日行事や出前事業等、その他の相談事業を通して、県民への健康づくり支援に取り組みます。
 ・ホームページを活用した健康に関する知識の普及に努めます。

6 新研修センター建設に向けた取り組み
 ・新会館建設への最初の課題となる土地の購入について、会員の皆様のご意見を取り入れながら早期に決定
  できるように努めます。

  • 新研修センター建設 進捗状況

会員数

  • 会員数

    2017年6月24日現在の会員数
    23,837人

    保健師
    530人
    助産師
    842人
    看護師
    21,639人
    准看護師
    826人
    • 入会案内はこちら
    • 研修案内はこちら
    • インターネット配信研修[オンデマンド]
    • 協会立訪問看護ステーション
    • ワークライフバランス(WLB)
    • eナースセンター
    • とどけるん
    • 心の健康づくり支援事業
    • 関連団体へのリンク

    ページトップへ